ワンルームマンション投資で将来の不安を拭い去る

堅実な資産運用にお勧め

集合住宅

利回りは高くないものの、安定した収入源として家賃収入を確保できる投資用マンションへの投資は堅実な資産運用をしたい人にお勧めです。新築か中古のどちらの投資用マンションを購入するのがいいのか迷ったときは、メリットとデメリットを比較して妥協する点を見極めることが大切です。

もっと見る

マンション投資を始めると

マンション

マンション管理には管理会社への委託が最適です。収益をより多く獲得するためには、入居希望者へのセールス力を確認する必要があります。テクニックの有無はホームページの雰囲気や営業担当者の雰囲気、営業所の立地などで確認できます。

もっと見る

安定した投資をする

ウーマン

サブリースとは、投資者が保有する不動産物件を、不動産会社が一括借り上げする事業形態のことを言います。不動産会社に運営を任せることができるので、投資者は気軽に投資を行うことができます。居住者にとっても、運営母体が対応に慣れていることにより、暮らしやすい環境になります。

もっと見る

不動産投資とマンション

ウーマン

投資目的でアパートやマンションを購入するケースが増えており、その人気も高くなっている。マンション経営では、マンションを購入しその売却益で利益を得る方法や、購入したマンションを賃貸として貸し出し家賃収入で利益を得る方法がある。これらのマンション経営の中でも、特に賃貸利用としての投資で多いものにワンルームマンション投資がある。分譲マンションではファミリー向けのマンションが多く、間取りも3LDKなど広めのものが多い。しかし、賃貸においてはワンルームへの需要が高く、通常のマンションでワンルームを利用したい人が多くなっている。特に都市部では、その需要が高い傾向にある。ワンルームマンション投資では、需要動向の確認は特に重要である。

ワンルームマンション投資の魅力は、投資金額が比較的安いということである。3LDKなどのマンションでは購入金額が高くなる傾向があるが、ワンルームでは占有面積が小さいことなどから、安く購入でき投資しやすいものとなっている。その為、マンション投資初心者などではワンルームマンション投資から始める人も多くなっている。ワンルームマンション投資において、特に都市部のマンション購入を行う場合には、立地が非常に重要になる。駅からの徒歩距離やどの沿線であるかなど、利便性が重視される傾向がある。特にワンルームマンションでは、単身サラリーマンの利用が中心となるため、通勤の利便性が特に重視される。これらを考慮した上で、投資することが重要である。

Copyright © 2016 ワンルームマンション投資で将来の不安を拭い去る All Rights Reserved.