堅実な資産運用にお勧め|ワンルームマンション投資で将来の不安を拭い去る

ワンルームマンション投資で将来の不安を拭い去る

堅実な資産運用にお勧め

集合住宅

資産運用先としての魅力

投資用マンションへの投資は、株やFXに比べると利回りが低い傾向にありますが、その分安定した堅実な投資先を考えている人にはお勧めです。投資用マンションをローンで購入した場合は、団体信用生命保険に加入するので、もし万が一のことがあっても家族に多額のローンが残ることはないので安心です。そして、入居者が途切れない限り支払われる家賃が安定した収入として確保され続けます。これは入居者がいなくなるまで続くものであり、安定した収入源としてあてにできるものです。将来の年金への不安を抱えている人にもお勧めの投資先とも言えます。投資用マンションの利回りは平均して、5%から6%程ですが、預貯金に比べるとかなり魅力的な利回りです。また、投資用マンションはリスク管理が比較的しやすい特徴もあり、起きるであろう問題を事前に想定して対応策をこうじることができます。

物件の特徴を見極めること

投資する投資用マンションを購入するときは、新築か中古のどちらを購入したほうがいいのかは迷うところです。新築は物件購入金額がどうしても高額になりがちですが、入居希望者が望む設備が全て揃っている特徴があり、借りるほうとしては魅力を感じます。中古の場合は、物件購入金額が比較的お手頃な価格なので購入するハードルが下がり、また物件によっては立地条件が非常に良い場合があります。しかし、建物自体が古く設備もひと昔前の古いものが多いのが難点です。新築と中古にはそれぞれ、メリットとデメリットが存在しているのでどの部分を妥協すればいいのかの見極めが大切になってきます。そして、どちらの投資用マンションを購入するにしてもゆとりをもった資金計画が必要不可欠です。

Copyright © 2016 ワンルームマンション投資で将来の不安を拭い去る All Rights Reserved.